女性人気エステ脱毛

「美容脱毛」がメジャーになっている時代です。過去を振り返ってみますと、毛が生えたら剃るという人も多かったと思います。現代は、女性の脱毛が身だしなみで定着化していることから、自己処理よりも「エステサロン」を利用する人たちが多くなっています。

わたしの場合は、お金を支払って脱毛をすることが考えにくかったのが本音です。

しかしワキ脱毛がリーズナブルな料金で受けられるミュゼというサロンを知ってからは、興味を持って契約をしました。

現代でベースになっておりますフラッシュ(光)というのは、安く、スピーディなことがメリットで挙げられています。

実際にワキの脱毛に掛かる時間は約3分です。腕のような幅の広い部位もジェルを塗ってから5分程度です。

過去にメジャーだったニードル式の場合は、永久脱毛という効果を期しますけど、毛穴に電気の針を通すことから時間や費用が掛かりました。

こちらと比較してフラッシュの形式なら、ワキの脱毛にワンコインも掛かりません。こちらのマシンは、黒い色だけに反応をする仕様で、毛根にダメージをもたらして滑らかな肌質になります。

わたしが利用していたサロンで使用されているフラッシュは、レーザーのように強弱の調整は不可でした。

格安スマホか大手電話会社か!

スマホを選ぶ際には、広告にまどわされず、「自分がどうか」を検討するのが一番です。私は「格安スマホってすごい安くて快適そう」と宣伝文句をみて初めきらめきました。

でも調べていくうちに自分にとってはどうかを考えると、大手電話会社のスマホに落ち着きました。その理由をまとめました。

1.あたりまえですが、格安スマホにかえるデメリットはかかってくる電話にお金がかかるということです。
よく通話する相手がガラケーの場合、相手の電話代とはいえ、快適ではありません。

2.データーの制限がかかっていることが多く、実は、動画の通話するのにはプラスの料金がかかりました。

3.大手電話会社が機種代金が分割で実質0円になるけれど、格安携帯は機種代金がかかりました。
広告は月額料金の表示だったので、一瞬安いかな?と思いましたが、、、。

4.大手電話会社は家族3で乗り換えるとかなりのキャッシュバックがある。
これをまとめると格安携帯を持つのと、大手電話会社の携帯を持つのではあまり金額の差がありませんでした。

それなら、最新モデルのアイフォンを持ちたいと思い大手電話会社にしました。しかし、大手電話会社でも専門のショップで買うのと、電気屋さんで買うのではまたキャッシュバックが違ってきます。

時期によりずいぶん変動します。

平成27年4月現在で電気屋さんで3台乗換するとアイフォン6が月額1900円代(2年間)でもって、キャッシュバックも8000円ありました。

なので、格安スマホにするかどうかは調べれば調べるほど、頭は混乱しましたが、自分にぴったりのものが持てました。あきらめないで、お店の人と仲良くなり自分にぴったりな携帯を探してよかったです!

友達との長電話とスマホの料金

私はドコモを使っていました。なぜドコモにしたかは、恐らくほとんどの若者は親世代がドコモだったからだと思います。私もその類いで中学の卒業式間近で親に念願の携帯を買ってもらいました。当時は俗に言われる「ガラケー」を使っていました。人生初めての携帯を持った私は早速友達とメールのやり取りをしていました。それまでは自宅のPCのアドレスでメールをしていたので、いつでもどこでもメールができる事に嬉しさを感じていました。高校2年になって、ガラケーから「スマホ」に機種変更しました。これまた、衝撃だったのを覚えています。技術の進歩にここまで感動したのは初めてではないかというぐらいでした。笑

ここまで携帯が進化すると、自宅の固定電話から友達の家の電話に電話して、ご家族の方が出た時のあの緊張感などがなかなか味わえなくなったのも寂しい気もしますが、やはりいつでもどこでも誰かと繋がっていられるという安心感を得られる携帯は無くてはならない存在だと実感しています。

しかし、毎月の料金が高い。ガラケーの時はまだ良かったのですがスマホとなると毎月1万超えが当たり前な人も多いのではないでしょうか。私はギリギリ1万超えないぐらいだったのですが電話を頻繁にした月は余裕で超えてしまいました。LINE電話を使えば問題ないのですが、通常の電話より聞こえにくかったりバイト先や部活の顧問の先生など、どうしても電話で連絡を取らなければいけない時があり、その度に早く切りたい気持ちでいっぱいでした。

現在は通話し放題のプランが出たので、それを気にしなくてもいいかもしれませんが逆にパケットの制限があるのがきついです。ちょっと動画を見すぎてしまうと速度制限が掛かってイライラ、なんて事もありました。正直、通話料は月に1000円も使わない人からしたら前のプランの方が良いのかもしれません。

そんな携帯ですが、月々の料金を安くするためには他社に乗り換えたり最近出たSIMロック解除なんかをすればいけるかもしれませんが、面倒くさいです。更新月以外で変えると違約金が掛かったり残ってる機種代金を払ったりとマイナス要素を感じてしまいます。よっぽど月々が安くならない限りは携帯を乗り換えたりする人は少ないんじゃないでしょうか。

とりあえず、私はiphoneを使っているので新機種待ちの状態です。笑

ちょいフォーマルを着崩した感じが素敵!

私が出会った結婚式の二次会で素敵だった男性は、エコな服装でした。

どういったエコかというと、披露宴で着ていたオシャレスーツの上着とネクタイをマイナスして、セーターをプラスした格好です。

まるごと着替えたわけでもないのに、ものすごく雰囲気が変わっていました。

しかもすごく物のいいシャツと腕からチラ見せしている時計が高級感あふれていたので、「いいじゃ~ん」と思わずにはいられませんでした。

ちなみにパンツは黒か濃紺、靴は渋茶、シャツは白、セーターは栗色というコーディネートです。

結婚式 二次会 服装としては奇抜ということなく普通なのにアピール力に溢れた雰囲気に仕上がるということは、その人の見栄えもあると思いますが、ひとつひとつのアイテムがそこそこのレベルのものでないとそうはならないと思います。

結婚式だからと見た目の派手さで勝負するのではなく、品質の良さで華を添えるという感じ。

よく女性にそういったことが求められますが、男性も同じですね。

品よく着飾った男性が出席していることで、新郎新婦の品格さえもアップしていると思いました。

動画閲覧とスマホ

私はユーチューブやニコニコ動画などを見るのが好きなので、毎月のスマホの料金が高くて困っていました。

通話もそれなりにするので、通話料金に加えて通信料を5G以上使ってしまうことが多いので、毎月の料金に頭を悩ませていました。

そんな時に友人がipod touchがお勧めだよと教えてくれました。

ipod touchを使うと自宅にいる時や無線LANの環境がある場所ならば、料金がかからないと聞きました。パソコンのように自宅のインターネット環境があれば利用できるので、ネットや動画を見る時にはipod touchを使ってみようかなと思い、買うことにしました。

さらにスマホの料金を電話かけ放題のプランに変えて、通信料を2Gまでに抑えることにしました。ipod touchの本体の料金はかかってしまいましたが、音楽を聴くのは好きですし、スマホの通信料を考えると、何ヶ月か使っているうちに元は取れると思いました。

結果的にスマホの料金は月々5000円前後になり、ipod touchの導入のおかげで携帯料金がとても安くなりました。

ipod touchはスマホほど通信速度は速くはないですが、動画を見たりネットを見るには不自由しないので、とても使い勝手が良いです。何よりもスマホのように通信料が別にかからないのが嬉しいところです。

スマホは主にメールや電話専用に使うことにして使い分けるようにしています。

アメリカ帰りのネイリストさんに憧れています

私は大学生時代から自分の手の指にネイルをデコって遊ぶのが趣味で、現在も自分でネイルアートキットを使っておしゃれなネイルを自作するなどしています。

しかし、先日大学の同級生の女の子達と8泊9日のアメリカ西海岸旅行に出かけた際に、アメリカのネイリストのお店に入ってネイルをしてもらったところ、自分がこれまで作ってきたネイルの100倍綺麗で可愛らしいネイルが出来上がりました。

私はアメリカの西海岸のネイルアートのレベルの高さを知り、アメリカのネイリストの技術の細かさを知りました。

そして、現在日本に帰国した後も、アメリカ帰りのネイリストが自宅の近隣でネイルサロンを経営している為、足しげくネイルサロンに通って手の指のおしゃれなネイルを作り出す事にしています。

アメリカ帰りのネイリストはこちらが考えていたよりも、ネイルを作る時の手さばきは見事です。

アメリカ帰りという事で日本に入ってきていないネイルの技術も習得しており、ネイルの質も良く、おしゃれポイントとしてアピール出来ると感じました。

データ容量の加減が難しい

私はスマートフォンを使い始めてもう4年ほど経ちます。便利なアプリを使いこなし、ガラケーの時よりも携帯が手放せない状況です。

しかし、どうしても気になる点がひとつあります。それは、料金が高いということです。

現在、電話かけ放題と自分の使い方によって選べるデータ容量のプランを利用しているのですが、データ容量を自分がどのくらい使うか、そのときによってどうしても変わってしまうため、料金の変動が大きいのです。

「最近はあまり使わないから」と、少ない容量に変更すると、意外にたくさん使ってしまい、追加で容量を購入しなくてはならず、料金がかさみます。

また、「よく使うことが多いから」と、多めの容量に変更すると、思いのほか使うことがなく、なんだかもったいないことになってしまいます。

データ容量の大きさによる変更は、月あたり約1000円の差が生まれてくるため、私としては非常に大きな問題です。

なんとか安く済ませようと、外のwi-fiを使うようにするなどの、自分なりの工夫はしていますが、なかなか料金が安くなりません。

スマートフォンを持つ私が毎月1万円を越えているのに対し、ガラケーの友人は毎月5000~6000円ほどだと言っていました。

これからももちろん安くなる工夫は重ねていきますが、キャリアのほうでももう少し料金が安くなってくれるとありがたいなと思います。